歯列の矯正については、治療を始めて、実際に当初の目的が達成をした場合にどのくらいの日数がかかるのか、知りたいところですよね。矯正に関しては、治療から目的が達成するるまでには、次の3つの段階があります。

  • 治療前
  • 治療中
  • 治療完了後

の3段階です。

この3段階の中でそれぞれの項目がありますので、ご説明をします。

歯列矯正治療前

歯列矯正をする前には様々なイベントがあります。まずは初診があります。ここでは医師が患者から歯列に関しての相談を受けて、歯列矯正に関連するコミュニケーションがあります。ここで1時間ほどのヒヤリングをした後に、その場で医師から提案されることもありますし、次の診察で、医師から診療方針のプレゼンテーションがあり、かつ、その時点でどの程度の費用がかかるのかと言うことも医師から患者に伝えられます。また、歯列矯正については、それなりの費用がかかりますので、今回の治療が医療費控除になるのかどうか、するにはどうしたら良いのかというような話し合いが行われます。

治療方針が決まって、患者もこの病院で治療をするということを決めた場合に、早速歯列矯正の治療としての第一段階の治療がスタートします。初回は、治療計画に基づいて、精密検査を行います。精密検査の内容としては、

  • 頭部X線規格写真(セファロ)
  • 口や顔の撮影
  • 歯型採取

などです。

歯列矯正治療中

治療が始まりますと、この時期が一番日数が費やされます。個人差がありますけれども、目安としては1年半から2年プラスアルファというケースが多いようです。実際に医師がどのくらいの日数がかかるかということは、治療費にも大きく関わりますので、医師もこの辺りは慎重に予測を立てます。予測のポイントとしては、

  • 上下の歯の前後関係
    チェックポイント:上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、どちらでもない
  • 噛合せの深さ
  • 症状の程度

などでチェックをします。特に日本人には多い上顎前突(出っ歯)の場合でも、人によっては2年程度でほぼ完治をしているので、治療の目安としては2年位かかると思っておくと良いと思います。

歯列矯正治療後

歯列矯正の治療が終わったあとは、それでおしまいというわけではありません。やはり、今まで歯列矯正をするために装置を口の中に装着をしていたのを外すわけですから、その後どのような状況になるかは、きちんとメンテナンスをしないといけません。つまり、それこそ上顎前突(出っ歯)が治ったのに、元に戻ってしまっている状況だと、何のために2年近くも治療をしたのかということになりますよね。メンテナンスのチェックについては、3ヶ月から半年に1回ほど通院をして、チェックをしてもらいます。

このように実際に歯列矯正をすると、治療前の準備などを入れたり、その後のメンテナンスなどを考えると、3年位の時間を考えたほうが良さそうです。