歯列矯正は、人為的に歯並びを治す方法です。歯列矯正は、歯並びが綺麗になり、顔立ちの調和が取れますが、それ以上にメリットが沢山あります。

歯列矯正のメリット

歯列矯正の具体的なメリットとしては、

  • よりしっかり噛めることにより、食べ物の消化が良くなる
  • 食べ物の消化が良くなることで、消化器官の負担が減る
  • 顎の筋肉のバランスが良くなる
  • 歯並びが良くなったことで滑舌が良くなる
  • 歯磨きがしやすくなったことで、虫歯や歯周病になる可能性も減る

などのメリットがあります。

この歯列矯正を始める時期はいつが良いのかというと、こちらは決まりはありません。大人でも子供でも歯並びが気になるのであれば、冒頭でも書きましたが、歯並びが良くなると、様々なメリットを甘受できますので、気になったら、矯正歯科に相談をしましょう。

歯列矯正の有効な時期

ただ、年齢的な時期ということを考えると、顎や歯並びの育ちつつある子ども(12歳ぐらいまで)の方が、大人と比べて治療期間が短くて済みます。具体的には治療期間がどのくらい違うのかというと、個人差はありますが、子供の場合は1〜2年、大人は1〜3年程度です。

理想的なタイミングとしては、

  • 6〜8歳くらい
  • 10〜11歳くらい

の時期が肉体的な理由からおすすめです。6〜8歳の時は、上下顎の前歯がそれぞれ4本づつ生え変わる時ですので、前の場の状態や、顔つきから将来の上下顎の位置関係が、ある程度予想できる時期とすることが出来ます。
10〜11歳の時は、前歯と大臼歯の間の側方歯が生え変わるので、歯の配列と上下顎の前後位置を整える治療をするには、適切な時期とされています。

適切な時期に矯正治療をすると、比較的短期間で治療効果を得ることが出来るので、この時期は歯列矯正をする時期としては最適ということが出来ます。

この辺りを更に突き詰めると、顎骨の成長がまだ終了をしていない12歳児までの場合には、最も広く使用されているマルチブラケット装置を使うことができるので、抜歯をしなくても治療が可能になります。一方で顎骨の成長が終了している成人(大人)の場合になると、物理的に抜歯をせざるを得なくなるケースがあります。これは、既に顎骨の成長が完成していることもあり、無理やり歯を抜かないで歯列矯正を行うと、顔の表情が変わったり、治療後も歯並びが安定しないで、再び凹凸になったりするケースが良く見られます。つまり、顎骨が成長した成人が歯列矯正をする場合には、それなりの負担がかかってしまうということが、これでもわかりますよね。したがって、歯列矯正はできれば、小学校を卒業するまでに行うというのが良いということが出来ます。