歯列矯正は、ルックスの改善するとともに、歯並びが良くなることで

  • 歯磨きが容易になるので、虫歯や歯周病予防になる
  • かみ合わせが良くなるので、食事の消化が良くなり、消化器官の負担が減る
  • 滑舌が良くなるので、明確にコミュニケーションが伝わります

というメリットがあるので、もし思い当たるかたは是非歯列矯正をご検討されることをおすすめします。

この矯正方法は大別をすると

  • 唇側矯正
  • インプラント矯正法
  • マウスピース矯正法

の3つに分けることが出来ます。

唇側矯正

一般的に最もメジャーな歯列矯正で、歯の表面にブラケットを装着をして歯列を矯正します。デメリットは歯の表面に装着をするので、目立つという点です。メリットとしては、すでに唇側矯正が浸透をしていることもあって、治療方法として最も確立されているということ、治療される側としては安心ですよね。また、このように一般的に普及している利用方法と言うこともあって、様々なやり方があるため、肉体的、精神的、金銭的負担が最も少ない矯正方法です。

インプラント矯正

インプラント矯正とは矯正治療の時、矯正用インプラントを使って歯並びを治す方法です。インプラント矯正のメリットとしては、今まで抜歯しなければいけない歯並びの矯正を抜歯せずにできたり、治療期間を短くしたりすることができるということです。それ以外には、

  • 複雑な装置を使わない
  • 動かしたい歯だけを動かせる
  • 虫歯のリスクが減る

などのメリットがあります。もちろん、メリットだけではなくデメリットもあり、

  • 麻酔をして矯正用のインプラントを入れる
  • 長期の使用ができない
  • 取り除く必要がある
  • 折れる時もある
  • 葉を傷つけることもある
  • この治療ができる医師の数が限られている

マウスピース矯正法

ごく軽い歯列の矯正をするときの矯正方法です。メリットしては自分で簡単に装着をすることが出来るということ、マウスピースは透明色のプラスチックシートなので、他の矯正方法と違って目立ちません。また、装着が簡単なので、歯磨きが容易なので、虫歯のリスクが減るということです。

デメリットは、軽度の不正咬合の治療に限られるということです。それと、歯列に対する強制力がマウスピースは弱いので、治療の日数がかかりますし、その結果治療費も高騰します。

また、食事の際はマウスピースを装着して食事をすることが出来ませんので、治療を受けている人が食事の際に取り外しをしないといけません。

以上3つの施術方法をチェックしてみましたが、よく医師と相談の上、お決めすることをおすすめします。